■趣味のお絵描き・イラストを販売してみる♪

投稿者: | 2020年3月19日

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル

神奈川県の海老名市でギター教室をやっています

松浦佳也エレキギター教室の松浦です、

ホームページをご閲覧ありがとうございます♪

今回は趣味のお絵描きについて考えてみたいと思います。

趣味で芸術系のことをやっている人の場合はオリジナル作品を作るとそれを売ることが出来るので、商売的に考えてみると実はものすごく効率の良い趣味なのかもしれないと思うのです。

ちょっと昔のことですが、
ボクの場合はホームページにオリジナル曲を載せてCD販売したら購入の申込みがきました。

音楽にかぎらずイラストや漫画でもそうだと思いますが、作品を作って売りますよ〜と、販売すると作品を気に入ってくれた人がもしもいたら、買ってくれるわけです。

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル
作品No.0001

作品に値段をつけて売らないと当たり前だけれども誰も買えない

最近、ネットを見ていてよく思うことは「作品」を作っても、それを販売している人よりも、ただ載せているだけという人の方が多いのかもしれない、ということで、

イラストや漫画で多いのは「落書き」をしました♪と画像ファイルをアップロードしているというケースで、とても上手で売り物になりそうなのですが「落書き」という風になっていると誰も買わない、というか買えないわけです。

作品が作れるなら商品だって作れるはず

ボクの場合はお絵かき・イラスト・4コマ漫画が趣味なので、どうしたら商品になるかを最近は考えていて、一番簡単な方法はアナログで描くということかなぁ〜と、コピー用紙にマジックと水彩絵の具で描いています。

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル
作品No.0002

どういうことか?
というと、デジタルデータというのはコピーしてしまえば、どちらも本物になるわけです。
つまり、デジタルで絵をイラストを描くと、原本がなくなるというか、最初からデジタルデータを作成しているので一点物にならない、ようするに「絵画」の場合は本物は一つで、それ以外は印刷であったり贋作であったり、という所がわかりやすいわけです。

世の中に一つしかないものを作ると一つだけだから高値をつけられるかもしれない

たとえ、コピー用紙にマジックで線を描いて、水彩絵の具で塗った、
そう、いわゆる「落書き」のようなものでも
デジタル絵と違って、それしかない「一点物」になるわけなので
値段をつけると売れる可能性が高まると思うのです。

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル
作品No.0003

ご存知のように、芸術の世界は何が売れるかわからない不思議な世界なので、作品を商品としてならべておくと気に入った人は買ってくれる可能性があるわけなのです。

デジタルデータじゃない紙に描いたイラストをアメブロで売る場合を考えてみると?

むか〜し、ボクがホームページでCDを販売していた時は、

銀行口座にCD代金を後払いでいいので振り込んでください〜♪

という風にしていました。

つまり、デジタルデータではない場合は、郵便とかメール便、宅配便で送ればいいわけで話は簡単になると思います。

イラストや漫画などの作品の場合は写真を載せておいて、実物がほしい人はメールしてください

ってだけの簡単な方法でもいいわけです。

同人誌などの場合はよく
定額小為替が使われるみたいです。

印刷物ではなく、一点物の原画の場合は値段を高く設定できる

印刷物ではなく、一点物の原画の場合は値段を高く設定できる
のでコピー用紙にマジックと水彩絵の具でも、
一枚300円とか500円で売れる可能性が高いと思います。

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル
作品No.0004

つまり、金銭のやりとりは定額小為替で問題なくなるわけなので、商品としてすぐに売り始めることが出来るわけです。

これが音楽だとどうなるのか、と考えると、音声データは一点物じゃなくデジタル複製が出来るので印刷物と同じになってしまい、高値がつけられないので難しいかなぁ〜と最近よく思うのです。

つまり、ライブの生演奏なら高値がつけられるけれども、CDなどの録音物は複製可能なので高値をつけにくいというような考え方です。

ブログやホームページでイラストを売る場合は単純に「購入申し込みがあるまで待っていればいいだけ」ということになる

例えば、アメブロの場合は無料ブログなので、広告を非表示にするには月額料金が必要ですが、コピー用紙にマジックと水彩絵の具のイラストを1枚300円で売り出して4〜5枚売れれば元がとれるわけです。

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル
作品No.0005

つまり、作品を商品にするには、売り出さないと、だれも買えないという、それだけのことだという話だったりします。

ということで、最近はデジタルをやめて、水彩絵の具で塗る練習しているわけなのです
(^^)

もう一度考えてみましょう!商品にして売り出さないと誰も買えない!

例えば、とても下手で、まだ落書きの段階なので〜〜〜
といったものでも、作品No.0001のようにして
写真にしてホームページにのせて、A4のコピー用紙の半分くらいの大きさに描いたものでよければ〜1枚300円で!
ほしい人はメールしてください♪

というようにすると、どうなるでしょう?

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル
作品No.0001

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル
作品No.0002

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル
作品No.0003

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル
作品No.0004

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル
作品No.0005

ボクの場合はギター教室をやっているのでよくわかります。
上手だから売れるわけじゃないのが芸術系の難しいところなので
商品にしてしまえば、あとは購入希望者を待てばいいだけ
という簡単な方法が良いはずなのです。

実際に1枚300円で買いたい人はご連絡ください〜♪

ご閲覧ありがとうございました

(^^)