はじめてのギター-松浦佳也エレキギター教室-海老名市

ご予約・お問い合わせメールmail@matsuura448.com

〒243-0406 海老名市国分北3-29-4

講師プロフィールProfile&ETC

松浦佳也エレキギター教室-海老名市プロフィール写真

■ごあいさつ

はじめまして、こんにちは。神奈川県海老名市国分北三丁目にある松浦佳也エレキギター教室の松浦です。ホームページをご閲覧ありがとうございます。
ギターは鳴らすだけで楽しい楽器です。最初にギターのチューニングを合わせられるようになってから、一ヶ月くらいで、ドレミファソラシドのひき方、おさえる場所、基本のコード、和音を少しだけ覚えれば「ほとんどの人」がギターを挫折することはありません。

■講師-自己紹介-

▼松浦佳也(まつうらよしや)
▼1972年生まれ、東京都八王子市出身。
▼1980年海老名市へ転入。
▼1984年海老名市立杉本小学校卒。
▼1987年海老名市立海老名中学校卒。
▼1990年神奈川県立綾瀬高等学校卒。
▼1992年ESPミュージカルアカデミー音楽ビジネス科(プロのギターリスト養成学科)卒。
▼卒業後、同校、ESPミュージカルアカデミーにて初級クラス・ギター、音楽理論、バンドアンサンブルの担当講師を受け持つ。
▼その後、JAZZギターの広瀬眞之氏(元ESP学園校長)が立ち上げたプロ養成音楽学校TASCに生徒として入学。その20代前半の頃に基本的なギターについてはJAZZギターの広瀬眞之氏、ロックギターの大木將弘氏、 ベースは藤田哲也氏、作曲等は鈴木滋人氏、ドラム・リズムについては川口昌二氏 に学んでいます。
▼カルチャーセンターでの講師経験などもあります。

松浦佳也エレキギター教室-海老名市プロフィール写真

■ギター教室をはじめたきっかけ



もともと、ボクの場合はギターの専門学校ESPミュージカルアカデミーに高校を卒業してから進学して、プロのギタリストになるための勉強をしていました。
卒業してから、そのESPミュージカルアカデミーで教える側、先生として採用してもらってから「ギターを教える仕事」をはじめることができたのです。

もう何十年前の話ですが、当時のESPミュージカルアカデミーの校長をされていた方が新しく音楽学校を立ち上げて、色々とESPミュージカルアカデミー側と摩擦が起きたことがあって、ボクの方もESPミュージカルアカデミーとは疎遠になってしまいました。しかし、卒業生であることには変わりないわけです。

さて、そんな昔話はさておき、どうしてギター教室をはじめたのかというと、ボクは二十代で一度、結婚をして、離婚をしているのですが、その結婚していた時の奥さんの友達の弟さんが、相模原市で暴行事件かなにかに巻き込まれて障害をかかえてしまったときに、ギターをもっていって弾いてあげたら、とても喜んでくれた、という経験があるのです。

ボク自身も「離婚」した時に、いろいろな経験をしました。離婚の原因は簡単に言うと奥さん側の問題です。つまり、「妻の浮気」が原因で離婚したので、こちら側には何も落ち度はなく、離婚の裁判も慰謝料も何もなしで、とにかく離婚するだけ、子供もまだいなかったので簡単ポンと終止符を打つことができたわけです。結局、その人との結婚生活は5年くらいだったかな?

彼女の母方のおじいちゃんの家は鳥取で、ここ、神奈川からはかなり離れていました。そのおじいちゃんが鳥取の病院に入院しているとき、彼女を鳥取まで会わせてあげようと高速道路を使い車を走らせた記憶があります。亡くなる前に無事、会わせることができました。そして、同じようにお葬式の時も車を走らせました。20代の頃の話です。きっと、彼女は若すぎて意味がさっぱりわからなかったに違いないし、今でもわからないと思います。

とにかく、順風満帆に離婚した、というわけではもちろんなく、「信頼していた人に裏切られた」という経験はかなり精神的にダメージがありました。「ギター」をやっていなかったとしたら、果たしてボクは立ち直れただろうか?
今、振り返ってみるとそんなことをよく思います。


なぜ、ギター教室をはじめたのか?

と言えば、普段健康で元気な時はあまり必要のないことが、大変なときにはものすごく必要になることがあって、それが、その人にとって音楽、ギターであることが、とても合理的、経済的、ようするに今の世の中では比較的だれでも可能であるということが経験上ボクにはわかっているので、それをはじめた、つまり、需要があるからと確信しているからというのが理由です。

もう一つは、今年、平成最後の年にボクの母は亡くなりました。その母は以前、自宅で「何かいろいろな人が集うようなことがやってみたい」と言っていたことがあって、それを実現させてあげたかった、という側面もあり、自宅で両親の介護をしながらギター教室、とあいなったわけです。

最初はただギターが弾きたい、上手くなりたい、というだけでギターをはじめたという人でも、人生ながいですから「ギター」をやっていてよかった、と、こころから思えるときが来るかもしれません、そんな最初の手助けができたら良いなと考えています。

令和元年五月六日


■ギターは独学がいいのか?習った方がいいのか?

ギターではありませんが、ボクの場合は30歳の頃に日商簿記1級の資格試験に挑戦しようと思いました。その時に同じようなことを考えました。「独学で勉強して日商簿記に受かるのか、専門学校とか誰か先生に習った方がよいのか」ということをです。結局、専門学校の社会人向け簿記コースを受講することにしました。具体的には大原簿記法律専門学校の町田校へ通って簿記の基礎から教えてもらったわけです。おそらく独学だったとしたら合格できなかったような気がします。

松浦佳也ギター教室-海老名市簿記の証書

■雑誌の取材記事

松浦佳也ギター教室-トップフォーラム 松浦佳也ギター教室-トップフォーラム

写真は2013年に経営者向け雑誌トップフォーラムの取材を受けた時のものです。

■ご予約・お問い合わせ

レッスン申し込みについての漫画絵

無料体験レッスンのお申し込み・お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ。
https://ws.formzu.net/fgen/S27230634/

■連絡先

松浦佳也エレキギター教室
243-0406 神奈川県海老名市国分北3-29-4
電話:046-231-1943
メール:mail@matsuura448.com


matsuura448Guitar松浦佳也ギター教室

〒243-0406
海老名市国分北3-29-4
TEL 046-231-1943
メール
mail@matsuura448.com
無料体験レッスンのお申し込み・お問い合わせはこちらからどうぞ。
→お問い合わせ