■音楽用・小学生向けパソコンについて

投稿者: | 2020年3月19日

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル

音楽用・小学生向けパソコンについて
こんにちは♪
神奈川県の海老名市でギター教室をやっています
松浦佳也エレキギター教室の松浦です。
ホームページをご閲覧ありがとうございます。

松浦佳也エレキギター教室ー海老名ー座間ー綾瀬ー画像ファイル
今回は小学生向けだけ、というわけではないのですが、ギターをやっている人の場合、音楽用パソコンが一台あると便利かなぁ〜という記事を書いてみたいと思います。

パソコンはインターネットにつなげなければ、セキュリティー対策にシステムのアップデートなどしなくても普通は何も問題ありません♪

つまり、インターネットにつながないパソコンシステムを一台音楽用に用意してしまえば、壊れるまでずっと使えるということになるわけです。

昔と違い、今はとても良い時代で、譜面作成ソフトやDTMソフトウェア、動画編集ソフトなどは、基本的な機能にしぼれば無料のソフトウェアが全てそろっています。

ネットで調べるんじゃなくて、リナックスの雑誌を買って、付録DVDでインストールすると、信じられないくらい簡単です!!!
OS(Windowsとか基本システム部分のこと)はリナックスのXubuntuという無料のシステムだと、7〜8年前のパソコンでも軽快に動くと思います。

ボクの今、使っているOSはそれで、具体的に使ってみて、使いやすいソフトウェアは次のようなものでした。

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル

【譜面作成ソフト・音も鳴るので作曲用に便利】
Musescore (無料ソフト)

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル

【DTMソフト・多重録音用】
Reaper (有料だけれども無料お試しでずっと使える)

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル

【動画・映像編集ソフト】
Shotcut (無料ソフト)

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル

【イラスト・お絵かきソフト】
Kirita (無料ソフト)

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル

【ワープロ・ソフト】
LibreOffice (無料ソフト)

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル

【表計算・ソフト】
LibreOffice (無料ソフト)

具体的に言って、Windows7がインストールされていたノートパソコンというのは中古でかなり安く、1万円台で買えるわけです。

もちろん、新品のノートパソコンだって、OS無しで三万円台で買えるわけですから、壊れるまでずっと使える、ということを考えると新品でも10年使うと考えれば安いわけです。

例えば、小学三年生あたりから、ネットにはつながないで、上記のようなパソコンソフトウェアを自分専用のパソコンで使えるとなると、学校の勉強にだって便利なわけです。

考え方としては、ネットにつなげて使うパソコンとは別に小さい頃からずっと同じものを使うという風にすると

「音楽やギターに集中出来る」

ということになります。
譜面作成ソフトウェアを使って作曲をするという時間が沢山あると、作曲が上手くなります。

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル

譜面作成ソフトは無料であるわけですから。
それを使って、日常的に五線譜に入力して、その音を聴いていると、
小学生のうちから作曲は当たり前になっていくでしょう♪

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル

小学生にかぎらず、大人だって、
ネットにつながない音楽用・パソコンっていう考え方をすると
「ずっと同じ操作・使い方」
になるのです。

紙と鉛筆の場合、
五線譜の書き方って三年ごとに操作が変わったりしないですよね?

今はいい時代ですよ〜〜〜〜
安い中古パソコンだったら、小学生だって自分用のパソコンが持てますよね?

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル

ちなみに、今は、コンビニのコピー機でPDFファイルなら印刷が出来るので、

プリンタがなくても
印刷出来る
という時代です。

無料のオフィスソフトLibreOfficeはPDFファイルで保存できますよ〜♪

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル

無料の譜面作成ソフトMusescoreだってPDFファイルでもちろん保存できるので、USBメモリに保存して、
コンビニへ行けば
譜面だって印刷できるわけです。

便利ですよね?
(^^)

プリンター買うお金で
中古パソコン+コンビニのコピー機
の方が便利で安かったりして♪

白黒がA3で10円
だと、二つに切ればA4が5円です。

プリンターって
インクが必要ですよね?
紙だって、自分で買わないと!

プリンターは
もちろん、壊れることもあると
思いますし、
パソコンのプリンターって必ずトラブル

になることが多いと思いませんか?

でも、コンビニで印刷の場合、自分でプリンターのメンテナンスなんてしなくて、
もちろんいいわけですから
(^^)

小学生の場合は、失敗しない方法が良い! リナックスの雑誌を買うと付録DVDがついてくるので、Ubuntu日本語版
を新品のパソコンを買ってインストールする!

Ubuntu日本語版の新しいシステムの場合、昔の中古パソコンだと動作が重いことがあります。

しかし、新品のパソコンなら普通は性能が良いので、新品のパソコンを買って、

新品のパソコンに、雑誌の付録DVDからインストールすると快適におそらく、10年以上、同じ操作で使えます。

10年後に古いパソコンへUbuntuの無料システムを入れて、古いパソコンを再生!

じゃないわけです
(^^)

古いパソコンへ軽量のシステムをインストールして、蘇らそう!

じゃないわけです
(^^)

理由は、ものすごく効率が悪いからなのです。

今、新品を買って雑誌のDVDから快適に動作するパソコンにすぐしちゃうわけです。

10年後も快適なままですよね?

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル

小学生だったら
同じ操作のまま、たくさん曲を作曲して

高校生になっているかもね
(^^)

おそらく、
一番、安いのは
タワー型のデスクトップ
中古パソコンです。

その場合は、
新品のキーボード、マウス、
新品のモニターディスプレイ
にすると、

本体が中古なだけなので
感覚的には新品と
かわらなかったりして
(^^)

消費電力を考えつつ、

中古デスクトップパソコン
で検索すると一万円台でごろごろと
(^^)

アマゾンの通販で検索すると
商品の値段は誰でもすぐにわかります!
自分で調べて納得が一番!

「日経リナックス]
「中古パソコン」

など、いろいろ入力して検索してみましょう♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

お金に余裕のある場合はもちろん日本のメーカーが一番良い!

当たり前の話なのですが、パソコンも一つ一つの部品の質が良いもの悪いもので組み合わさって作られているので、良い製品はどうしても値段が高くなってしまうわけです。

ボクの経験上、電化製品というのはたいてい電源がいいか悪いかということがとても重要で、パソコンの場合、もしもボクが一台だけノートパソコンを買って、それをずっと何十年も使うことを考えると

NECのパソコンを買うと思います。

もちろん、OSはWindows10ではなく、Linuxにするわけですが、普通はNECのパソコンはWindows10がインストールされているので、そこへLinuxをインストールすると、両方のシステムが使えるので、それはそれで便利なわけです。

いずれ何年かするとWindows10だってサポート切れになって使えなくなるわけです。

実際にボクは7年前位にNECのWindowsRTというシステムのノートパソコンを新品で買いました!

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル

 

マイクロソフトのワードとエクセルが搭載してNECの製品なのに、WindowsRTだったので、とても安い値段でした!

 

ネットに繋がないで今でもワードとエクセルを便利に使っています!

そう!

ネットに繋がない、超省エネパソコンが一台あったら便利と考えて買ったのです!

答えは7年経った今、出ています。

このNECのパソコンは

ゼロスピンドル、つまり、ファンの音などが何もない

無音パソコン

なので

ネットに繋がないで文章作成や写真ファイルの管理、音楽や映像ファイルを再生したり、という用途だけの専用マシンにしています。

ものすごく、小さい音で音楽を再生すると

パソコンの音って気になる人が多いはずです。

無音のパソコンが一台あると便利なのです♪

 

なので、このNECのパソコンは

あと3年で10年使っていることになります。

おそらく10年経っても同じように使い続けると思います。

 

ボクの場合はパソコンを用途によって数台使い分けています!

 

「紙」を考えてみるとわかると思います。

 

紙の場合は20枚位、床へ並べると、一気に20枚分が見えますよね?

 

同じことをやろうと思うと

パソコンの場合はモニターディスプレイが20台必要です。

 

なので仕事でパソコンを使っている人は

モニターを2台3台とほしくなると思います。

 

そうですよね?

 

実際にモニターを二台三台とつなげて表示して使っている人って普通にいると思います。

 

ボクも最初はそのパソコンの使い方が一番よいかなぁ〜と思っていました。

でも、それは、24時間パソコンで仕事をしなくてはいけないような場合の使い方で一般的に普通の使い方をする人の場合は

 

ノートパソコンを2台3台とデスクトップパソコンが一台

 

のようにパソコンを数台、最初に用意しておけば、ずっとそのまま何十年も使えるという環境を構築できるかもしれない

 

という結論にボクはなりました。

 

問題はインターネットだけです。

ネット用のパソコンはシステムをLinuxにしておくと、常に最新のOSにすることが簡単になります。

 

それ以外はネットに繋がないパソコンにしておけば、システムは考えなくても良い状態になっていきます。

 

小学生が一台パソコンが必要となったら?

 

最終的にインターネットとインターネットに繋がないパソコンを2台用意した方が良いので

 

一台目は日本製のノートパソコン

 

7万円〜10万円

 

のものに

LinuxのOSをインストールして

WindowsとLinuxのOSと一緒に使い始めれば、Linuxに慣れた頃にはWindows10は次第に使わなくなってくるので

 

結果的に

一番コストパフォーマンスが良くなる

と思います。

 

 

実際に、今、小学生がパソコンを買うとしたら?

NECの10万円前後のノートパソコンを買うと
大学生あたりまでずっと使えるはずなのです。
そう!

システムをWindows10とLinuxと両方、最初から使い始めればということです
(^^)

10年使うことを考えてみると?
10万円の商品は一年あたり単純に一万円のコストです。
電気代も考えると中古のデスクトップパソコンはどうなるでしょう?

消費電力の差が50Wくらい違ってくると
一日5時間くらいパソコンを使う場合
どう考えても年間で2,000円くらい違ってくるはずなのです。

10年だと2万円違うわけですから

SSD搭載の新品のNECパソコンを7万円〜10万円の製品を比較検討しながら買うのが
一番わかりやすい話になるわけです。

中古で5万円のデスクトップパソコンよりも7万円の新品のノートパソコンの方が効率が良いという人の方が一般的な使い方だと大多数だと思うからです
(^^)

 

じゃ、中古のデスクトップパソコンは不要か?

 

というと、実はそうではなく、消費電力が大きいなら短時間で使うという考え方が一番よいとなるはずです。

 

例えば、電子レンジって消費電力がすごいですよね?

 

でも、電子レンジを24時間使う人っていますか?

 

いないですよね?

 

 

つまり、高性能な消費電力を沢山使うデスクトップパソコンの使い方って短時間で重い処理の場合だけにしてしまえば

一番効率がよくなるわけです。

 

 

極論すると

パソコンのCPU

車で言う所のエンジンですよね

 

それって

ここ10年間位で

2個とか4個、8個

のプロセッサーの商品が

主流にどんどんなっていったわけですけれども

 

昔はCPUは一個で

どれだけスピードを早く出来るか

 

つまり、

 

周波数が

3GHzとか4GHz

とか、それが重要だったわけです。

 

ボクはパソコンについては全くの素人なのでよくわかりませんが….

 

パソコンのシステムの方を

 

マルチタスクじゃなくて

シングルタスクにするとどうなるのか、考えてみると

 

そう、プログラミングされたソフトウェアを

一つのパソコンで一つだけ使うとすると

 

実は昔のパソコンで性能は十分で、あとは消費電力の問題だけなのかもしれないわけです。

 

 

逆に言うと

 

消費電力のもっとも少ない、現行の一番値段の安いCPUやマザーボード、メモリなどでも、使い方が

 

シングルタスクならば

何も問題なくなるかもなぁ〜〜〜〜

という。

 

 

実際にパソコンってグラフィックボードっていう部品が売られているわけです。

それって、ゲームとかやっている人の場合は

高性能なグラフィックボード

つまり、モニターディスプレイへ表示させる部分ですよね?

が、どうやら重要だったりもするらしいのです。

 

 

ボクはまったくゲームとかやらないのでよくわからないのですが

 

 

極端に考えて、

一台のパソコンに

 

モニターを

10台とか100台つなげて

同時に使うと考えると、それって、

現行で売られているCPUとかグラフィックボードで

普通に動作ってする?

 

素人考えですが

しないような気がしますよね?

 

 

じゃ、一つのパソコンに

モニタを2台つなげて使う使い方

3台つなげて使う使い方

 

ってのは?

 

それはやっている人もいるから

出来るってわかるわけです。

 

じゃ、100台は?

 

それって、パソコンの性能に限界があって、無理そうですよね?

 

じゃ、

 

 

モニターって

一台つなげて使うのと

二台つなげて使うのって

 

どっちが

パソコンにとって

楽なの?

 

 

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル

 

 

ボクが7年前位に買った

NECのWindowsRTのシステムのノートパソコンは

バッテリーの充電が終わってアダプターだけ接続して使っていると

 

消費電力は5Wです。

 

これは電力測定する道具、エコキーパーとかで実際にどうなのか測定したのではっきりしています。

 

365日つけっぱなしでも

43.8kwh

なので1kwhが約22円とすると

22円×43.8kwh = 約964円

なのです。

 

単純に発想していくと

 

 

パソコンのモニターって

15W〜30Wくらいの消費電力があるわけなので

 

パソコン一台+モニター2台

 

の使い方って

 

消費電力のものすごく省エネな

ノートパソコンを2台使って

用途的に済むのなら、そっちを選ぶと?

 

モニタ一台 15W

モニタ一台 15W

パソコン 省エネデスクトップ15W

合計 45W

 

と比較すると

 

省エネノートパソコンが平均して

一台10Wだとすると

二台で20W

 

つまり25Wくらいの消費電力の差というのは馬鹿に出来ず

24時間つけっぱなしの場合は

219kwh

になるわけです。

1kwh22円とすると?

4,818円の違いです。

 

10年で

4万4,818円

となるわけです。

 

ボクは4年前くらいに、ネット用に一台、ゼロスピンドルの無音で消費電力の小さなノートパソコンを買いました。

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル

ASUS E403S

 

このパソコンはWindows10は動作が厳しかったので

Linuxの軽量システムXubuntuをインストールしたら快適に使えるようになりました。

充電が終わってACアダプターをつけながら使うと6W~8W程度で使えます。

 

つまり24時間つけっぱなしでも

年間で70Kwh位なので

1kwhが22円だとすると

年間で1540円の電気代です。

実際には24時間つけっぱなしって無いわけです。

一日5時間使ったら

年間15Kwh

年間で330円位の電気代となるわけです。

 

消費電力とパソコンの性能と本体を買う時の購入金額を考えてみると、どんなパターンが一番よいのか、というのは人それぞれ違うのですが、

 

極端に言って、ワープロソフトで文章を作成するためだけに、50Wの消費電力は普通は省エネの観点から良くないはずですよね?

 

東北の震災のときに、計画停電などがあって、電力についてかなり考えるようになった人は沢山いるはずです。

 

仮にです、仮に古いデスクパソコンを使っている人がいたとして、その人がもしも、ワードとかで何時間も文章を作成しているだけ、あるいは、インターネットでブログなどを読んでいるだけ、とかだった場合、

70Wとか80Wを消費しているパソコンだったとしたら?

 

一日5時間つかうと

年間で146kWh

1kWhが22円と仮定すると

年間で3212円になるわけです。

 

この辺りが難しい話になってくるわけです。

例えば、10年だと

3万2120円ですよね?

 

消費電力が10W未満の省エネパソコンを

2万円〜3万円で買った方が良いという話にもなってくるわけです。

そう、最初からLinuxの軽量システムをインストールして使うことを考えるとです。

 

ボクが9年前位に買ったデスクトップパソコンは、液晶ディスプレイが壊れましたが、本体はまだ壊れていないので、液晶ディスプレイの安いものを買って、今も普通に使っています。

しかし、消費電力は60W〜70Wになるので、重い処理の時だけに使っています。

つまり、電子レンジ的に使うのがよく、あると便利、

それで文章作成を何時間もなんてことは、消費電力の観点からやらないわけです。

 

金額の問題ではなく、電力は使わないほうがよいですよね?

震災のときに多くの人が考えたはずです。

 

小学生的に発想してみるわけです。

 

もしも、ボクがパソコン屋だったら、どういったパソコンを売るか、作るか?

 

(1)6Wくらいで使えるシステムはLinuxなどをベースにしたオリジナルのシステムをインストールしたパソコン

(2)3GHzとか4GHzでシングル動作するCPUに最適化されたシングルタスクのシステムの短時間しか使わないパソコンCPUの数が少ないので結果、消費電力も下がる

 

2台セット販売するわけです。

 

例えばです、例えば、ワープロソフトと表計算ソフトだけの部門があったとして
そこに100台パソコンが必要でした。

インターネットへはつながず、100台のパソコンだけのネットワークです。

Windows10のパソコンを導入すると一台あたり10万円
というパソコン屋さんが営業に来ました。

Linuxのシステムですから一台あたり5万円で
やりますよ〜というパソコン屋さんが営業に来ました。

どっちにしますか?

自治体、つまり市役所によってはUbuntuとLibreOfficeをWindowsに代わって採用なんてところもあるようです。

会社とかじゃなくて、個人利用だと?

はっきり言って、パソコンって動画処理をしなければ、高性能なんていらないわけです。

例えばネットの回線も同じことが言えると思います。

YouTubeなどの動画を見ないって決めるだけで、

回線スピードってどうなります?

低速回線でも、何も問題ないですよね?

 

 

世の中いろいろな人がいるわけですから、小学生からプログラミング教育ってどうなると思いますか?

 

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル

ボクが簿記の勉強をして日商簿記1級に合格するためにやったことは

エクセルの表計算ソフト

を使いこなすことではありませんでした。

紙と鉛筆と電卓でした。

 

なので消費電力はほとんどかかりませんでした。

 

パソコンの

お絵かきソフトウェア

も無料であったりします。

 

神奈川県海老名市松浦佳也エレキギター教室・画像ファイル

ペンタブレットって板型のものだと

安いものだと

6000円くらいで売っていると思います。

 

80Wつかって5時間おえかきするのと

10Wで5時間おえかきするのだと、消費電力はどうなりますか?

 

例えば、線画はアナログで描いて、着色だけパソコンでなんて場合はどうなりますか?

 

iPadなどの高級で便利な道具は必要ないって人も世の中にはいるわけです。

 

自分で検索すると値段がよ〜〜〜〜〜く、わかると思いますよ〜〜〜♪

ご閲覧ありがとうございました
(^^)